全国商工会経営者休業補償制度

商工会の休業補償制度は、医療費の増加や、病気やケガによる就業不能で減少する所得に対して備えとなる保険です。病気やケガで働くことのできない間(最高1年間)、月々の所得を補償します。

※ 法人が保険料を負担し、従業員全員を被保険者とした場合は、原則「福利厚生費」として全額損金算入できます。(同族会社の場合は給与となることがあります)
※ 個人事業主が保険料を負担し、従業員全員を被保険者とした場合は、原則「福利厚生費」として全額必要経費となります。(事業主本人分は必要経費ではなく、損害保険料控除の対象となります)

商工会の休業補償制度(全国商工会経営者休業補償制度)

詳しくは、商工会にお問い合わせ下さい。

このページのトップへ